イメージ画像

知ってた?!犬や猫に与えてはいけない食べ物

人間は普通に食べている物でも、犬や猫にとってはそれが命に関わるという食べ物もあります。

知識不足により大切なペットを危険にさらすことがないように、犬や猫に与えてはいけない食べ物について知っていきましょう。

まず、危険度ランクが高い食べ物についてですが、その食べ物としてはネギ類やカカオ類、レーズン、ブドウ、アボガドなどがあります。

ネギ類はよく取り上げられるため認知度も高いかもしれませんが、ネギ類には玉ねぎや長ネギ、ニラなどがあり、ネギ類に含まれる成分により溶血性貧血などが引き起こされ、最悪の場合は命を落としてしまうことがあります。

とくに猫は危険度が高いと言われますが、致死量などが不明なため犬猫に限らずネギ類は絶対に与えないようにしましょう。

カカオ類については、カカオに含まれるデオブロミンという成分が毒素となり、不整脈や痙攣といった症状を引き起こす場合があります。

カカオの成分が問題になるため、カカオの含有量が高ければ高いほど犬や猫への危険が増大してしまいます。

次に危険ランク「中」の食べ物について紹介します。

これにはニンニク、アワビなどの貝類、スルメ、生の豚肉、アルコール、カフェインなどがあります。

ニンニクもネギ類と同様、溶血性貧血などを引き起こしなけな成分を含んでいるため注意が必要です。

アワビなどの貝類は、犬や猫に与えると光線過敏症を引き起こしかねないため与えてはいけません。

アルコールについては、知識不足で与えてしまうなんてことはほぼないと言えますが、もし与えてしまえば嘔吐や下痢、ふるえといった症状が出るおそれがあります。

最後に危険ランク「低」の食べ物を紹介します。

このランクの食べ物の場合は、食べ過ぎには注意すべしという風にとらえることもできます。

トウモロコシやこんにゃくといった食べ物は、犬や猫にとっては消化しづらい食べ物のため、食べ過ぎると消化不良や下痢を引き起こすことがあります。

また生卵の白身は、生のまま食べてしまうと下痢や皮膚炎などになる恐れがありますので、与えるのであれば加熱をして与えてください。

この他にも、いろいろと犬や猫には与えてはいけない食べ物がありますが、犬や猫に与えるのは犬用・猫用に開発されたペットフードやおやつのみという場合であれば、そこまで心配はいらないかもしれません。

しかし犬の場合は、とくに人間が食べるものを与える傾向にあるので、それには注意しなければなりません。

このページの先頭へ