イメージ画像

ペットを飼うときに必要な覚悟とは?

ペットを飼おうと思えば、その日のうちにでもペットを飼い始めることができます。

しかしペットを飼うということは、新たな家族を家に向かい入れるということです。

そのためには、やはり覚悟も必要になってくるでしょう。

飼い始めたからには、最後まで責任を持ってペットの面倒を見ることが当然ですが飼い主の義務になります。

その義務を果たさない飼い主も中にはいますが、そんな飼い主には決してなってはいけません。

「そんなこと言わなくてもちゃんとやるに決まっている」と思っている方もいるかもしれません。

しかしペットによっては飼育が大変になることもありますから、そういった苦労に耐えられなくなるなんてこともあります。

ですからそれを知って理解した上でペットを飼うことが大切なのです。

そしてペットを飼えば、それまで当たり前にやっていたことができなくなることもあります。

毎週のように旅行に行っていた人は、ペットを飼ってからでも同じような生活が果たしてできるでしょうか?

ペットの面倒を見てくれる家族が他にいれば話は別ですが、そうでなければそのようなライフスタイルは見直さなくてはならないでしょう。

また抜け毛のあるペットを飼うのなら、抜け毛の時期には家じゅうが毛だらけになるなんてこともあります。

それもペットを飼ううえでの覚悟と言えば覚悟です。

そして犬なら犬ならではのニオイも少なからずありますし、猫なら家じゅうのいたるところで爪とぎをしてしまうかもしれません。

ペットを飼っている人なら仕方がないことだと大目に見られるようなことにいちいち目くじらを立ててしまう人なら、最初からペットは飼うべきではないでしょう。

厳しいことを言うようですが、ペットを飼うというのはそういうことなのです。

ペットを飼うことでかけがえのない癒しを得ることができますが、その裏では時に大変な思いをすることもあるということを忘れないでおいてください。

そしてペットを飼ううえでの最大の覚悟と言えるのが、ペットの死に対する覚悟です。

多くのペットは人間よりも寿命が短いですから、ほとんどの場合ペットが先に逝ってしまいます。

中には動物が大好きだけれども、ペットに先に死なれるのはどうも耐えられそうにないからという理由でペットを飼わない方もいるほどですから、そのペットの死に対する覚悟は相当なものになるでしょう。

寿命だからと多少割り切ることはできたとしても、すべて簡単に割り切れるわけではありません。

だからこそペットを飼いたいと思うのなら、ペットの死についても考える必要があります。

このページの先頭へ